top of page

アジア調査 Tree as Architecture

この夏、台湾、インド、ネパール、タイ、ベトナムのアジア5か国に赴き、樹木の下における人々のふるまいを調査した。その大きなきっかけとなったのが、“菩提樹の下に集う者たち”という見出しのネット記事との出会いだった。インドには、ブッダが悟りを開いたとされる菩提樹があり、仏教を信仰する人々が多く集まる。そこでは経典を歌うように読み上げる声が聞こえ、香を炊いた匂いが漂う。今回の調査を通して、人々の生活そのものに触れた気がした。

Yukako Masui

DSC01613.JPG
DSC01685.JPG
bottom of page